フランキンセンスオイルの効果効能10選!この若返りの精油は癌、風邪、高血圧、口内炎、肌の問題を解決する!成分と副作用

スポンサーリンク



フランキンセンスは若返りの精油や精油の王様として知られています。

フランキンセンスオイルは、癌、風邪、高血圧、口内炎、肌の問題を解決する万能な精油です。

5000年前から多くの国で使用されているフランキンセンスは宗教儀式や多くの健康問題を解決してきました。

それではフランキンセンスオイルの10個の効果効能、成分、副作用を見ていきましょう。

フランキンセンスについて

フランキンセンスは別名、乳香(にゅうこう)またはオリバナムと言います。

樹木に傷をつけると乳白色の樹液が染み出すことから「乳香」と呼ばれています。

フランキンセンスは若返りの精油精油の王様として知られ、中世のフランス語で「真実の香り」という意味があります。

イエス・キリストの誕生の際に東方の三賢人が黄金やミルラとともに献上したと言われています。

宗教儀式には欠かせないもので、エジプトでは朝に乳香、昼に没薬が焚かれていました。

古代エジプト人やアングロサクソンの古代の化粧品として使われていました。

また、ミイラの防腐剤、防虫剤に使われていました。

フランキンセンスオイルは抗炎症作用を有するモノテルペンが豊富であり、すべての癌を治癒するために不可欠な精油です。

フランキンセンスオイルは癌以外にも片頭痛、関節炎、うつ病を治療すると科学者が発見しています。

また、免疫機能を高める効果があるので危険な病原体を防ぎ、病気の予防につながり、ストレスを緩和し鎮痛薬としても役立ちます。

主な産地

・ソマリア
・インド
・エチオピア
・オマーン
・イエメン

スポンサーリンク

フランキンセンスオイルの成分と効能

【α-ピネン】

・抗炎症作用
・抗感染作用
・抗菌作用
・鎮静作用
・鬱血除去作用
・抗肥満作用
・免疫向上
・空気浄化

【リモネン】

・消化促進
・抗菌作用
・抗ウィルス作用
・免疫刺激作用
・血流促進作用
・肝臓、腎臓強化

【α-ツエン】

・抗感染作用
・抗炎症作用
・鬱血除去作用

【ミルセン】

・空気浄化
・殺菌作用

フランキンセンスオイルの効果効能10選

①免疫機能を強化する

研究によるとフランキンセンスは免疫力を高め、危険な細菌、ウイルス、癌を破壊するのに役立つ可能性があります。

エジプトのマンスーラ大学の研究者が行った研究では、フランキンセンスオイルが免疫を刺激し活性することを発見しました。

また皮膚、口腔の菌の発生を防ぐことができます。

フランキンセンスの優れた消毒性は、歯肉炎、口臭、虫歯、歯痛、口内炎を含めた他の感染症の予防に役立ちます。

フランキンセンスが含まれた歯磨き粉を探してみて下さい。見つけるのが難しい場合は重曹とフランキンセンスを混ぜ、手作りすることもできます。

②癌との戦いを手助けする

いくつかの研究では動物実験にてフランキンセンスが抗炎症作用、抗腫瘍作用を有することを発見しました。
フランキンセンスオイルは特定の癌細胞と戦うの手助けするのに役立ちます。

レスター大学では、乳癌細胞を殺す可能性のあるアセチル-11-ケト-ベータ-ボスウェル酸(AKBA)を含有していたことが研究者らによって発見されました。

大腸癌、乳癌、前立腺癌、卵巣癌の治療にも有効です。 研究者らは、AKBAが困難な卵巣癌の末期の治療に極めて有効であることを発見しました。

また化学療法に反応しない乳癌細胞を排除できることを発見しました。

しかしこの研究にはまだまだ裏付けが必要です。乳癌をエッセンシャルオイルを使用して治療することは将来、現実のものになる可能性が非常に高いです。

癌と精油の関係性については下記の記事を参考にして下さい。

③肌の健康

フランキンセンスは、肌に弾力やツヤを与え、吹き出物に対して対策し、肌を若く保ちます。

また、 肉割れ、妊娠線 手術による傷跡を消したり、乾燥肌やひび割などを治す働きがあります。

Journal of Traditional and Complementary Medicineに掲載された研究では、フランキンセンスオイルは炎症や皮膚の刺激を軽減し、炎症を起こした皮膚に対する鎮静作用があることが示されています。

④不安、高血圧の軽減

フランキンセンスオイルを吸入すると、心拍数と高血圧を軽減することが示されています。

また、不安の軽減やうつ病の症状を緩和する働きを持っています。更に処方薬に見られる副作用はありません。

不安やストレスの軽減のためにお風呂にフランキンセンスオイルを数滴入れてください。

また、ディフューザーなどを利用して部屋に拡散することもできます。

⑤抗菌作用のある消毒剤

フランキンセンスオイルは抗菌作用を持つ消毒剤としても知られています。

風邪やインフルエンザの病原菌を体内から排出する働きがあります。

Letters in Applied Microbiologyに掲載された研究では、フランキンセンスオイルとミルラオイルの組み合わせが、病原体に対して使用される場合に特に有効であることを示しています。

ティッシュや試香紙に数滴垂らして吸入するか、ディフューザーで試して下さい。

その他の用途として家庭用の洗剤としても使用できます。

室内の細菌やウィルスを除去するのに役立ち、消臭、消毒効果がありますのでディフューザーで室内に拡散することで室内汚染を防ぐことができます。

⑥記憶の改善

研究によるとフランキンセンスは記憶や学習の質を改善できることが示されています。

ラットを用いた動物実験では、妊娠中にフランキンセンスを使用すると、子供の記憶が増えることが示されました。

⑦ホルモンのバランスを整える

フランキンセンスオイルは、ホルモンバランスをとり月経と閉経に関連する症状を軽減する可能性があります。

また女性ホルモンの一つであるエストロゲンの調節に役立つため、閉経前の女性の腫瘍リスクを低下させます。

フランキンセンスオイルは、痛み、けいれん、便秘、疲労、頭痛、気分を和らげるのに役立ちます。

⑧消化を手助けする

フランキンセンスは腹部の痛みやけいれんを軽減し、吐き気を和らげます。

消化を促進し、利尿作用、消化管の筋肉の緊張を和らげるため、消化の健康促進につながります。

リーキーガット症候群、慢性大腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、IBS(過敏性腸症候群)などの症状を軽減するのに役立つことが示されています。

⑨炎症や痛みの軽減

フランキンセンスは炎症や痛みを和らげることが示されています。

フランキンセンスオイルは関節炎、喘息、過敏性腸症候群(IBS)のような痛みを伴う状態を緩和する事ができます。

痛みを伴う部位に塗るか、ティッシュや試香紙に数滴垂らして吸入してください。

キャリアオイルと混ぜて筋肉、関節、足、首をマッサージします。

⑩睡眠を手助けする

フランキンセンスオイルは、不安の軽減やストレス緩和に役立ちます。

あなたの睡眠の手助けし、ほのかに香るレモンのような匂いが眠りへと誘導します。

フランキンセンスオイルの副作用

フランキンセンスオイルを使用する事での重大な副作用は報告されていません。

安全に使用できる精油のひとつです。

皮膚に塗る場合は、まれに皮膚炎が起こる場合があります。

フランキンセンスオイルは血を薄くする効果があるため、血液凝固の薬を使用している方は避けて下さい。

妊娠している場合や授乳中にフランキンセンスオイルを使用することについての十分な情報がないため、使用は控えた方が良いでしょう。

最後に

フランキンセンスの特徴は、モノテルペン炭化水素の多さにあります。

空気浄化作用に優れており、その空間は森林浴のようなリラックス効果や免疫を高める効果が期待できます。

また副作用の少ない精油のひとつであるため、安心して使用できます。

あなたの問題解決のために若返りの精油、精油の王様と呼ばれるフランキンセンスオイルを試してみてはどうですか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + five =