ストレス、心配、不安を軽減する3つの方法

スポンサーリンク



ストレスは、誰もがその付き合い方に苦戦している事だと思います。
経済が低迷していると、企業も利益を出しづらくなり、社内の環境は悪化し、人間関係も上手くいかなくなり居心地がますます悪くなります。

ノルマなどが厳しくなり、圧力もかかり、人間不信にも陥ってしまうかもしれません。
そんな現代社会ではストレスとの戦いが終わる事がありません。
ストレス過多になると、頭痛や不眠、暴飲暴食、様々な症状が体に出ます。そして症状の出方は多種多様です。

人によってストレス解消方法は様々ですが、この記事では、3つのストレス軽減、心配を減らす方法を提案していきます。

信じがたいことかもしれませんが、過度に心配する事は、あなたの肉体や精神的な健康に悪影響を与えることがあります。

いくつかの状況では少しの心配は助けになるかもしれませんが、あまりにも過度に心配すると、病気やうつ病の影響を受けやすくなります。 例えば心拍数が上がったり、汗腺が活発になったり、呼吸が困難になります。

あなたの体が脅威に対応して準備されると、緊張が痛みに変わります。足が震えたり、頭痛、便秘や下痢を引き起こします。

慢性的な心配は、ストレスや不安が免疫系に影響を与え、感染症への感受性を高めます。 風邪やその他の重い病気になやすいです。 そしてあなたはもっと疲労感を感じてしまうことが多くなるかもしれません。

ありがたいことに、私たちの脳には適応性があり、行動を少し変えるだけで、ストレスや心配が大幅に軽減され、毎日のルーチンや日々の活動を行うことができます。

あなたの人生に簡単に導入でき不安を軽減し、心配を減らす3つの練習があります。

ストレスや心配を軽減させる3つのこと

①あなたの心配事を紙に書く

心配を紙に書く事により、問題を概念化して状況を解決する方法を見つける準備が整います。
シカゴ大学の研究者が実施した最近の研究では、テスト前に自分の不安な気持ちを紙に書いた受験者は、紙に書かなかった人よりもテストでは、はるかに優れていました。

②マインドフルネス瞑想を実践する

瞑想に関する多くの研究では、目を閉じて息を吐く行為が精神的安定性と認知機能を改善するのに役立つことが確認されています。

気が散ったり、忙しいスケジュールに圧倒されたら、瞑想の時間を見つけてください。
あなたが必要とするのは、オープンマインドと静かなスペースです。
2分間座ると、楽観的で、明晰な感覚であなたを助けることさえできます。

➂ストレスをエクササイズに向ける

エクササイズはあなたの心身の健康に役立ちます。 毎日エクササイズすることで、健康を維持して
長寿を確保するのに役立ちます。 コントロールと自己価値を持つことで、心配とストレスを軽減できます。

医師は、体のストレスホルモン、コルチゾール、アドレナリンを低下させるため、うつ病患者に有酸素運動を実践するようアドバイスします。

最後に、痛みを和らげ、気分を高めてくれる脳内の化学物質であるエンドルフィンの生産を促進するのに役立ちます。

最後に

どれも難しくありません。特に①と②は今すぐに出来る事です。
あなたの定番のストレス解消法に、このメニューを加えてみて下さい。

本屋では、マインドフルネス瞑想の書籍が数多く置かれるようになりました。
Google、インテル、ゴールドマンサックス、P&Gなどの大手企業などが取りいれています。

マインドフルネス瞑想を取り入れる事によって、集中力や、記憶力などが高まります。
そしてビジネスにおいて不可欠な決断力が高まります。
ビジネスパフォーマンスが上がる事により、企業の業績にも影響を与えます。

日本企業の古い価値観で、仕事をしている以上、世界の企業から大きく引き離されていっている感覚は薄々感じていると思います。
古い価値感を引きずっている企業で働くこと自体もストレスになっているかもしれません。

私は、瞑想をするという事は、奧深いところにいる自己の魂との対話だと思っています。
瞑想が上手くできた時は、時間の感覚がなくなります。そして時間があっという間に流れていきます。

歴史に残るような偉人は、日常に瞑想を取りいれていました。
偉人たちは、自己の魂との対話を、楽しんでいたのかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × four =