ネオテームの危険性とは?この人工甘味料の甘さは砂糖の1万倍です

スポンサーリンク



ネオテームという人工甘味料は、なんと甘さが砂糖の1万倍あります。

ネオテームは安全であるという評価を得ていますが、人工甘味料のアスパルテームが承認された背景を知っている人々はその安全性については懐疑的です。

それではネオテームという人工甘味料について見ていきましょう。

ネオテームとは

人工甘味料のネオテームは2002年に、アメリカ食品医薬品局(FDA)により承認されました。

砂糖の7000~13000倍の甘さを持ち、アスパルテームという人工甘味料の30~60倍の甘さがあります。

この甘さが砂糖と比べて、どれくらいすごいのかは下記を参照してください。

人口甘味料 甘味度
アスパルテーム 200倍
アセスルファムK 250倍
サッカリン 400倍
スクラロース 750倍
ネオテーム 7000~13000倍

日本では、2007年に食品添加物として認可され、申請者は大日本住友製薬およびアメリカのニュートラスイートです。

商品名は「ミラスティー」と呼ばれますが、ネオテームが添加されている食品は日本においてはそれほど多くはありません。

アメリカ食品医薬品局(FDA)や公益科学センター(CSPI)は、安全に使用できると説明しています。

しかし、1998年にネオテームをアメリカ食品医薬品局(FDA)に承認申請したのが下記の会社です。

ネオテームの危険性

ネオテームは、アスパルテームよりも安全であると主張する人もいれば、アスパルテームよりも危険だという人もいます。

しかし、アスパルテームが承認された背景を知っている人達は、ネオテームの安全性については懐疑的です。

世界で最も議論されているアスパルテームがなぜ市場に出回るようになったのか、また危険性について知らないようであれば先に下記を読んでください。

ネオテームの構造はアスパルテームに似ており、更にアスパルテームには存在しない3・3-ジメチルブチルアルデヒドが含まれています。

3・3-ジメチルブチルアルデヒドという化学物質は、アメリカ環境保護庁の最も有害な化学物質としてリストに掲載されています。

つまりネオテームは、アスパルテームの危険性と副作用と同じものが出る可能性があります。

以下がアスパルテームの副作用になります。詳しくはアスパルテームの記事をお読みください。

アスパルテームの副作用
①癌のリスクを高める
②糖尿病
③心臓病と脳卒中
④アルツハイマーや神経系障害
⑤うつ病
⑥線維筋痛
⑦早い月経
⑧自閉症につながる
⑨アスパルテーム病
⑩その他の病気一覧

また3・3-ジメチルブチルアルデヒドの副作用である呼吸器系、皮膚、目に対して刺激を引き起こす可能性があります。

一方で、3・3-ジメチルブチルアルデヒドを添加することで、フェニルアラニンが含まれなくなるため、フェニルケトン尿症患者にとっては使用できるというメリットがあります。

それにともない、「L-フェニルアラニン含有」という表記もする必要はなくなりました。

カロリーゼロやダイエットと表記されている食品は、ダイエットにつながるわけではなく、実際には過食につながるケースがあり、メタボリックシンドロームになる可能性が2倍高いという報告があります。

スポンサーリンク

最後に

多くの人々は、口に入れるものに人工甘味料が添加されていても気にも留めていないかもしれません。

それは市場に危険なものは出すわけないという考えからきていると思われます。

そして名だたる機関は、人工甘味料は安全であると喧伝しています。

確かに短期的に見たら安全なのかもしれませんが、長期的に見た場合の安全性については担保されていません。

つまり病気になったとしても、それが人工甘味料が原因であると考える人は少数であり、複合的な要因のひとつであるとは考えません。

しかし人工甘味料が承認された背景を知っている一部の人達は、懐疑的であり人工甘味料を避けています。

人工甘味料を避けるのか避けないのかは、個人の判断に任されます。

人工甘味料が市場にこれだけ出回ってしまっている背景を考えたら、摂る摂らないの答えは出るかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



スポンサーリンク







アマゾンから電子書籍を出版しました



大切な人を守るための最低限の知識を!
アマゾンから電子書籍を出版しました

私たちの食を取り巻く環境は、人類史上極めて高度に汚染されています。

遺伝子組み換え食品、食品添加物、農薬、放射能などの脅威に直面しています。

あなたの大切な人を守るために最低限の知識を得て下さい。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen + 11 =

ABOUTこの記事をかいた人

鈴木たか

鈴木たかと申します。 健康管理士、NLPプラクティショナーとして活動しています。 その他にもライター、カウンセリング、コンサルをしています。 食という字は【人】を【良く】すると書きます。 医食同源という言葉が示す通り、元来、食べ物には病気を予防する力が備わっています。 食と心(感情)から身体の症状に対してカウンセリングをしています。 このサイトは医食同源を中心に、身体にとって良い食べ物、飲み物をご紹介していきます。