ラベンダーオイルの効果効能17選!肌、髪、やけど、傷、睡眠の問題から水虫、虫除けなどの多彩な用途がある!副作用は

スポンサーリンク



ハーブの女王とも呼ばれるラベンダーは古くからヨーロッパでは万能薬として利用されてきました。

世界で最も多くの人が使用している精油のひとつであり、マッサージ、鍼灸、カイロプラクティックなどの統合医療でも活躍する精油です。

古代ローマ人が入浴の際に入れていた歴史があり、ラベンダーはラテン語で「洗う」という意味をもちます。

ラベンダーオイルには糖尿病、アルツハイマー、肌、髪、やけど、傷、睡眠の問題から水虫、虫除けなどの多彩な用途があります。

それではラベンダーオイルの素晴らしい効果効能、用途、副作用を見ていきましょう。

ラベンダーオイルの効能

・抗炎症作用
・抗真菌作用
・抗菌作用
・抗ウィルス作用
・抗うつ薬
・消毒作用
・鎮痛作用
・解毒薬
・降圧薬

ラベンダーオイルの効果効能17選と用途

①活性酸素やフリーラジカルと戦う

万病の元である活性酸素やフリーラジカルは、私たちの身体に多くの影響を与えます。

この活性酸素やフリーラジカルから身体を守るため、細胞を保護するために抗酸化物質を作りだします。

この抗酸化物質の代表が、グルタチオンやスーパーオキシドディスムターゼ(SOD)になります。

しかし、食品添加物などの多くの化学物質の含まれた食品や化学物質が多く含まれる日用品は抗酸化物質が不足する場合があります。

ラベンダーオイルは、自然の抗酸化物質であり、これらの活性酸素やフリーラジカルと戦うことができます。

Phytomedicineに掲載された2013年の研究では、ラベンダーオイルが体内で最も強力な抗酸化物質である、グルタチオンやスーパーオキシドディスムターゼ(SOD)を増加させることが判明しました。

②糖尿病の対策

チュニジアの研究者が、動物実験を15日間実施した結果、糖尿病の症状である血糖値の上昇、代謝障害、体重増加などからの保護作用が見られました。

糖尿病の予防改善にラベンダーオイルを使用することについては、より多くの研究が必要ですが、この研究結果は将来性があります。

③気分の改善、ストレスの軽減

ラベンダーは古くからストレス、不安、片頭痛、うつ病などを治療するために使用されてきました。

International Journal of Psychiatryで発表された研究では、80ミリグラムのラベンダーオイルを摂取すると副作用や薬物相互作用が起こらずに不安、うつ、睡眠障害が緩和されることが判明しました。

またラベンダーオイルは、PTSD( 心的外傷後ストレス障害)の症状を改善することが示されています。

1日あたり80ミリグラムのラベンダーオイルがうつ病を33%減少させました。

PTSDに罹患した47人の患者の睡眠障害、うつ病を緩和しました。

④アルツハイマー病の予防

ラベンダーオイルはアルツハイマー病に対して役立つことが示されています。

ラットによる研究では、ラベンダーオイルを吸入すると脳の酸化ストレスと対抗し、認知機能の改善に役立つことが示されています。

脳への神経保護作用は、ラベンダーオイルの強力な抗酸化作用によるものだと研究者は考えています。

アルツハイマー病の予防のためにディフューザーで部屋に拡散するか、こめかみや首の後ろをつけてください。

⑤火傷や傷を治す

ラベンダーオイルは何世紀にもわたり、多くの感染症を予防し、細菌や真菌の病気を治すために使用されてきました。

ラベンダーオイルの抗菌作用は、キズ、すり傷、ヤケドの治癒に役立ちます。

ヨーロッパの病院(主にフランス)ではヤケドの治療にラベンダーが使用されています。

切り傷、すり傷を治すために、ラベンダーオイル3〜5滴とココナッツオイルの小さじ1/2を混ぜてぬってください。

⑥真菌感染症の対策

研究では、ラベンダーオイルは、従来の抗真菌薬よりも真菌感染症に対して有効である可能性が示されています。

Journal of Medical Microbiologyに掲載された研究では、ヴィリディスラベンダーと呼ばれる純粋なラベンダーオイルが真菌増殖をとめるだけではなく、カンジダ、水虫、白癬などを死滅させることが示されています。

また、Evidence-Based Complementary and Alternative Medicineに掲載された研究では、クローブオイル、シナモンオイル、 ティーツリーオイルなどの他の精油とブレンドしたラベンダーオイルの抗菌性がどれくらいなのかをテストしました。

研究者らは、これらのオイルの1:1の比率が、 カンジダや黄色ブドウ球菌に対する抵抗が最も効果的でした。

⑦髪の健康

2009年7月のスコットランドの調査によると、ラベンダーオイルで7カ月毎日、頭皮をマッサージしたところ脱毛症患者の44%が新しい髪が成長しました。

ラベンダーオイルが脱毛症に対して、有望であることが示されており、またシラミに対しても有効です。

ローズマリー、タイム、シダーウッドのような他の精油と混ぜても効果的です。

あなたの使っているシャンプーやリンスなどにラベンダーオイルを数滴加えるだけで、頭皮の乾燥やふけの予防につながります。

⑧肌の健康

ラベンダーオイルは抗炎症作用、抗酸化作用があるため皮膚をキレイに保ち、老化を防ぐ働きがあります。

そして乾燥した肌、唇、湿疹、皮膚炎が原因である炎症を緩和することができます。

キャリアオイルとして知られるココナッツオイル、ホホバオイル、グレープシードオイルを加えたラベンダーオイルには抗菌、抗酸化作用があります。

ラベンダーオイル3~4滴とココナッツオイルまたはホホバオイルを小さじ1/2加え、傷ついた肌にぬってください。

またあなたの洗顔フォームやボディーソープに加えることもできます。

スポンサーリンク

⑨頭痛を和らげる

ラベンダーオイルは鎮静作用、抗不安作用があるため緊張や頭痛に悩んでいる場合は最適です。

European Neurologyに掲載された研究によると、ラベンダーオイルを15分間吸入すると片頭痛が大幅に軽減することがわかりました。

メリーランド大学メディカルセンターによると、ラベンダーの香りは片頭痛関連の炎症を和らげ、軽減します。

片頭痛を和らげるためにペパーミントオイルとラベンダーオイルの各2滴を合わせ、首やこめかみににってください。

またディフューザーや直接ボトルから吸入することができます。

⑩睡眠と不眠症の改善

ラベンダーオイルのリラックス効果があるため睡眠を良くし、不眠症に効果的です。

睡眠の質を高める効果があるだけではなく、鎮静薬と比べて副作用がなく安心して使用できます。

睡眠の質を高めるため、睡眠前か睡眠中にラベンダーオイルを寝室に拡散させてください。

また首、胸、こめかみに3〜5滴を直接ぬってください。

ラベンダーオイル15滴とエプソムソルト200グラムを浴槽に入れ、入浴することも体もリラックスするので効果的です。

⑪呼吸器の改善

ラベンダーオイルの蒸気には抗菌性があるため、吸入すると鼻詰まり、咳、インフルエンザ、扁桃炎などの呼吸器系の症状を和らげることができます。

⑫血液循環を高める

ラベンダーオイルは血液循環を高めることができるため、高血圧、低血圧の両方を治療するために使用されています。

またラベンダーオイルで血液循環を高めることは、心臓病のリスクを低下させる可能性があります。

⑬痛みを和らげる

ラベンダーオイルは鎮静作用があることがいくつかの研究でわかっています。

ラベンダーオイルは炎症や痛みを軽減し、多くの健康問題を解決します。

Journal of Complementary and Alternative Medicineに掲載された研究では、ラベンダー、マジョラム、ペパーミント、ブラックペッパーの精油の組み合わせで、首の痛みが改善されることが分かりました。

⑭がん治療の手助けをする

African Journal of Traditional、Complementary and Alternative Medicinesに掲載された2012年の研究では、ラベンダーオイルが、癌患者のストレス、吐き気、うつ病に役立つことが示されています。

ラベンダーオイルは免疫や気分の向上、睡眠の改善、ストレスを和らげる効果があるため癌患者の負担を軽減します。

ラベンダーオイルを首、胸、手首、こめかみなどにぬりにマッサージすることで、リラックス効果が生まれます。

⑮虫刺され

ラベンダーオイル1滴をぬることで、かゆみを和らげ腫れを軽減します。

⑯味を良くする

パン、チョコレート系のデザート、サラダドレッシングにラベンダーオイルを数滴加えることで、いつもと違う味が楽しめます。

⑰香水

ラベンダーオイルは天然の香水になります。

水やキャリアオイルで希釈し、スプレーボトルに入れれば、化学物質が含まれない天然の香水の完成です。

スポンサーリンク

ラベンダーオイルの副作用と注意点

ラベンダーオイルの副作用

ラベンダーオイルは、特になく安心して使用できる精油です。

しかし口から摂取した場合、ラベンダーオイルは便秘、頭痛、食欲増進を引き起こす可能性があります。

また薬との相互作用がありますので注意が必要です。

睡眠薬、うつ病の薬を使用している場合や、ドラッグストアで販売されている睡眠薬、咳やインフルエンザの薬は眠気を促進する可能性があるため使用を控えた方がよいです。

妊娠中、授乳中の女性とっては一般的に安全とされていますが、安全性に対する十分な情報がないため、医師に相談することをおすすめします。

ラベンダーオイルは子供にとって一般的には安全とされています。

しかしNew England Journal of Medicineによるとティーツリーオイルやラベンダーオイルに含まれる化学物質が、女性ホルモンで知られるエストロゲンを模倣してしまうことが原因かもしれないという発表が2018年にありました。

「女性化乳房」という現象が起きる可能性があり、男児の胸が女性のように肥大化してしまうかもしれません。

しかし、長期的な視点での研究、個人差、使用量などがまだまだわかっていませんので研究の結果を待つ必要があります。

思春期前の男子は念のため使用を控えた方が良いかもしれません。

ラベンダーオイルの注意点

セラピーグレードの精油や、治療レベルで使用できる精油を選んで使用してください。

子供やペットの手の届かないところで保管してください。

ペットがいる場合は獣医もしくは、ペット専門のアロマセラピーに確認するようにして下さい。

熱や光に敏感なため、冷暗所で密閉して保管してください。

最後に

ラベンダーオイルは心身をリラックスする効果が高く、安心して使用できる精油です。

数千年に渡り、様々な病気を癒してきたラベンダーオイルは、使用用途が豊富にあります。

家に常備しているだけでも、様々なシーンで活用できます。

ぜひラベンダーオイルの素晴らしいメリットを受けてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two − one =