朝食の際に15種類の食べて良いもの悪いもの

スポンサーリンク



あなたの一日で、重要なことは、朝食によってあなたの体は、作られたり悪くしたりすることがあるということです。

朝食のことを英語で、breakfastと言います。
breakfastの意味は「断食」の状態を「破る」という意味なのを知っていましたか?
例えば夜6時に夕飯を食べるとして、朝食を朝6時に食べるとしたら、その間は12時間空いています。

12時間の断食の後に食べるものは非常に大事になってきます。
それは、一日を元気に有意義に過ごす為に何を朝食に食べるかでその一日が決まるからです。

朝食は最も重要な食事です。では実際に何を食べるべきでなのでしょうか?

空腹時に食べるべき食品

1.卵

卵はあなたのエネルギーを高め、タンパク質の素晴らしい源です。
あなたの一日を始めるには素晴らしい食品です。 卵は必要な栄養素を供給します。

2.スイカ

すぐにあなたの朝食リストに入れて下さい。
あなたの心臓と目の健康に役立つリコピンを含んでいます。

3.オートミール (オーツ麦(燕麦)をシリアルやコーンフレークのように食べやすく加工した食材)

刺激や損傷からの保護
コレステロールを下げる

4.蜂蜜

コーヒーを忘れて、午前中に優雅な蜂蜜を取りいれてください。
それはあなたが一日を通してより脳が集中していきます。
また、幸福の原因となるセロトニンも上昇します。

5.そば

そばは、信じられないほどのタンパク質源であり、素晴らしいエネルギー源です。
午前中に鉄が豊富な栄養分をあなたの中に入れてください。

6.ブルーベリー

記憶、集中の向上。 あなたの代謝を大幅に改善します。

7.コーンミール粥

あなたの体に信じられないほどのデトックス効果を発揮します。
また、腸の微生物を向上させます。 エネルギーレベルは10倍になります。

8.ナッツ

pHレベルが回復します。 消化が改善されます。
それは朝にあなたの朝食でいくつかのナッツを食べることの利点です。
ナッツは無塩であることを確認してください。

 

空腹時に食べるべきではない食品

9.シトラスフルーツ 

ビタミンCが含まれていますが、午前中はオレンジ、グレープフルーツ、その他の柑橘類は正しい選択ではありません。
空腹時には、果実の酸性度が胸焼けの主な原因である可能性があると言われています

10.スパイシーな食べ物

早朝のヴィンダルー(カレー料理)は、朝食では最も賢明な選択ではありません。
スパイシーな料理は、消化器系を刺激するだけでなく、胸焼けを引き起こすことがあります。

11.バナナ

バナナには膨大な量のマグネシウムが含まれています。
空腹時に血流に入り込み、後の人生で心臓の問題を引き起こす可能性があります。

12.ソーダ

あなたの代謝を遅くし、信じられないほどにダウンし、一日中、膨満感を感じてしまうかもしれません。

13.緑黄色野菜

鼓腸(胃腸内にガスがたまること)と胸やけを引き起こす可能性がある、高レベルのアミノ酸を含んでいます。

14.トマト

多くのペクチンやタンニン酸が含まれています。
これらの物質が胃酸と化学反応すると胃に結石ができやすいといわれています。

15.梨

粘膜に損傷を与える粗繊維と、食後に不快になる可能性がある。

 

最後に

いかがでしたか。朝食に何を食べるかで一日のパフォーマンスに大きな違いがでてきます。
知らない間に、食べるべき食品ではないものを食べている思います。

バナナやカレーなどは、朝食に良いとされていた時期もありましたよね。
ホテルなどの朝食バイキングではよく置かれているメニューも多いと思います。
意識して選び、エネルギーを最大化できる朝食をメニューに加えてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 + 11 =

ABOUTこの記事をかいた人

鈴木たか

医食同源に基づき病気は食で治すということをより多くの方と共有したいと思いブログを書いています。「本物の食や健康とは何なのか?」を探求していきます。このブログを見て、病気の改善や健康法に役立てて頂ければ幸いです。 常識という扉の裏側にあるものは何なのか、そこには非常識という新しい扉が待っています。 その扉を開けない限り、私たちは何も変わりません。 気づきのあるブログを運営できるように努めて参ります。