さつまいもは7つの健康で栄養価の高い成分が含まれているスーパーフード

スポンサーリンク



さつまいもは漢字で薩摩芋と書きます。

漢字を見てわかるように薩摩という文字が入っているのは、1700年初頭に薩摩藩が栽培を始めるようになったからです。

さつまいもについて

さつまいもは英語ではスイートポテトと呼びます。

比較的温暖な地域で栽培されているため、主な産地は西日本になります。

旬は8月から11月にかけての晩秋になります。

全国で最も生産されている場所は鹿児島です。全国の約4割を生産しています。

肌寒くなってくる頃から、石焼きいもが街で販売されるようになりますよね。

昔ながらのトラックで売り渡るところを見かけるようになります。

石焼きいもが屋台で売られている光景は、季節を感じる風物詩にもなっていますよね。

そしてさつまいもには抗酸化作用、抗炎症作用、病気を予防する成分が多く含まれているスーパーフードです。

さつまいもの7つの効能

1.抗酸化物質

さつまいもはベータカロチンと呼ばれる成分が豊富に含まれています。

がんや他の病気を引き起こす可能性があるフリーラジカルと闘う抗酸化物質が多く含まれています。

抗酸化物質は老化を遅らせ、病気を対策するのに役立ちます。

また、ビタミンAが豊富で、肌を健康に保ち、吹き出物を予防するのに役立ちます。

2.ビタミンB6

ビタミンB6は体内のホモシステインの量を減らし、脳卒中や心臓発作などの疾患を対策します。

3.ビタミンC

さつまいもは、免疫を高め感染症を予防するビタミンCが多く含まれています。

ビタミンCは、消化、歯や骨の形成、血液細胞の生成にも役立ちます。

4.カリウム

カリウムは、神経信号を制御し、腫脹の軽減のような身体機能を維持するために必要な重要な電解質です。

5.マグネシウム

マグネシウムは健康な骨、血液、心臓機能にとって重要です。

米国人口の80%がマグネシウムが不足していると考えられていますので、マグネシウムを摂るためにさつまいもを食べましょう。

6.鉄

さつまいもはエネルギーを高める鉄が含まれています。

また鉄は、血中濃度にとって非常に重要であり、免疫システムに役立ちます。

7.ビタミンD

私たちは日光からビタミンDを得ることができますが、常に摂れるわけではありません。
頻繁にサツマイモを食べることによって季節性情動障害(うつ状態)を対策できます。

最後に

さつまいもの品種のなかでも、ブランドがつくものがあります。

安納芋(あんのういも)や鳴門金時(なるときんとき)などは、とても甘味が強く美味しいですよね。

また気軽に買えるものとしてスイートポテトや大学芋や干し芋は身近に売らています。

お腹が減ったら、スナック菓子ではなくさつまいもを使ったものを食べてたら健康的です。

さつまいもでポテトサラダを作ると、とても甘味があり美味しくおススメです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



スポンサーリンク







食と身体を考える無料7日間メールセミナー



メルマガ限定5大特典を無料プレゼント

食や健康だけではない、この世の中の仕組みがわかるメルマガです。

今ならメルマガ限定5大特典を受け取って頂けます。




ライン限定5大特典を無料プレゼント



ライン限定5大特典を無料プレゼント

LINEではあなたと直接対話し色々と理解を深めたいと考えています。

今ならライン限定5大特典を受け取って頂けます。




アマゾンから電子書籍を発売中!



大切な人を守るための最低限の知識を!
アマゾンから電子書籍を発売中!

私たちの食を取り巻く環境は、人類史上極めて高度に汚染されています。

遺伝子組み換え食品、食品添加物、農薬、放射能などの脅威に直面しています。

あなたの大切な人を守るために最低限の知識を得て下さい。




新しいあなたに出会うためのセッション



新しいあなたに出会うためのセッション

本当の自分を知るために、あなたに寄り添いあなたのお話しを聞きます。

☑こんな方におすすめ

・現状から一歩踏み出したい方
・自分らしく生きたい方
・今の悩みを解決したい方
・これから何をしていいかわからない方
・本当の自分に出会いたい方




松果体の石灰化を防ぎ活性化する!食生活・体質改善のアドバイス



松果体の石灰化を防ぎ活性化する!食生活・体質改善のアドバイス

松果体は第3の目と呼ばれており、チャクラの6番目のアージュニャー・チャクラと知られています。

松果体が石灰化してしまうと睡眠、認知能力、判断、知覚が鈍ってしまうだけではなく、心と身体の健康にとっても良くありません。

このアドバイスは、松果体が石灰化する原因、活性化させる方法を含めたあなたの不調や体質を改善するための内容になっています。




カウンセリングメニュー



カウンセリングメニュー
心と身体を読み解くカウンセリング

「病気は人間の自己表現であり、成長のある段階で、その人に何かを経験させようとしている」

この言葉が示す通り、「病気=悪い」のではなく、心や考え方を変えるためのあなたへの隠れたメッセージであり、病気をすることで大切なものを気付かせてくれるきっかけになります。

カウンセリングでは、今抱えている感情や葛藤がどのようなものなのかを知って頂き、自己の成長のきっかけのお手伝いを致します。




食生活・体質改善のアドバイス



食生活・体質改善のアドバイス

不調を改善するのに、一番良いのは食生活を見直すことです。

しかし昨今、食生活を見直すだけでは、あなたの体質や不調は改善しないのをご存知ですか?

現状の食を取り巻く環境を知っていただき実生活の中でどのような選択をしていけばいいのかをアドバイスさせて頂きます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 + 6 =

ABOUTこの記事をかいた人

鈴木たかと申します。 健康管理士、NLPプラクティショナーとして活動しています。 その他にもライター、カウンセリング、コンサルをしています。 食という字は【人】を【良く】すると書きます。 医食同源という言葉が示す通り、元来、食べ物には病気を予防する力が備わっています。 食と心(感情)から身体の症状に対してカウンセリングをしています。 このサイトは医食同源を中心に、身体にとって良い食べ物、飲み物をご紹介していきます。