ビーツの驚きの効果効能!食べる輸血と呼ばれる栄養価の高い真っ赤な西洋野菜

スポンサーリンク



ビーツは、ロシアの伝統料理のボルシチによく使われている野菜です。
カブやダイコンとは関係なく、ホウレン草 と同じアカザ科でサトウダイコンの仲間です。

日本では火焔菜(かえんさい)とも呼ばれています。

とても鮮やかな色をした野菜ですので、料理に彩りをあたえ鮮やかな演出をしてくれます。

ビーツの効能

世の中にはたくさんのスーパーフードで溢れかえっています。
もしかしたらビーツはあなたが探しているスーパーフードかもしれません。
非常の体に良く、さまざまな病気や病気の対策をします。

赤色をしているアントシアニンは、強い抗酸化作用を持っています。
抗酸化物質は、他の食品で見つからないレベルで、ビーツに存在しています。

ビーツは、血流を高め、コレステロールを調節し、健康な肝機能をサポートし、 肝臓疾患から守ります。

またビーツは貧血と戦い、体を解毒し、老化を減速させ、血管を保護します。

天然の抗炎症剤である※ベタインも心臓の健康をサポートします。

※ベタインとはアミノ酸の一種。植物や水産物などに含まれる天然物質

女性にとっては美容やダイエットにもつながりますので良いですね。

セルロースとペクチンが消化を助ける

ビーツに含まれる重要なビタミンやミネラルには、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、ビタミンC、 銅、マグネシウム、カリウム、鉄、リン、ヨウ素が含まれます。

古代ローマ人は、ビーツを発熱や便秘などの治療に用いたと言います。

最後に

日本ではあまり見かけない野菜ですね。
多くの健康上のメリットを得れる反面、近場で手に入らないのがデメリットになります。

高級スーパーや、オーガニックストア、ネットでは、缶詰が販売されています。
もし見かける事があったら購入してみるといいですね。
価格もそこまで高くはありません。スーパーフードと言われている食品はだいだいが安価なのが嬉しいですよね。

日本でビーツを食べたことがある方は、大多数が缶詰などで食べていると思います。
最近は日本でも、栽培しているところも少しずつ増えていますので、需要が高まれば一気にブレイクしていくに違いありません。
これからが楽しみな野菜のひとつでもあります。

ビーツは少々土っぽい味がするので、苦手な方もいるかもしれません。
そのまま食べるよりはスープにして食べた方が美味しく食べれると思います。
ビーツを多く食べたあと、まれに尿や便が赤っぽくなることがありますが、特に健康に影響するわけではないので安心して下さい。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 3 =