片頭痛の原因はビタミンやセロトニン不足? 改善方法はビタミンD、B6、B12にあり

スポンサーリンク



片頭痛(へんずつう)とは、頭痛の一種です。偏頭痛とも書きます。
頭の片側のみに発生し、ズキズキとした痛みや嘔吐などの症状を起こします。

片頭痛は男性よりも低血圧の女性に多い傾向があります。

片頭痛の原因は多岐にわたります。行動の原因、環境の原因、食物の原因、化学作用による原因と分類されます。
これらの原因を、医学文献では「誘発因子」として知られています。

この厄介な片頭痛の原因は、このようにたくさんあります。

片頭痛について

男性の6~7%、女性の15~18%が片頭痛に苦しんでいます。
激痛、吐き気、嘔吐、寒気、発汗、光、音、匂いに対する感受性など症状は様々です。

人によって異なる遺伝、環境、神経学的要因の複雑な相互作用に関与しており、最も理解されていない治療の難しい疾患の1つになっています。

片頭痛の原因

セロトニンの変化

セロトニンが低下すると、脳内の血管が炎症を起こして腫れ、 片頭痛(それらに付随するすべてのかゆみ、痛みを伴う症状)が引き起こされます。

脳内血流の過度な増加

偏頭痛の前には、血流が約300%増加することがあります。

脳内血流の制限

一方で、あなたの血管の拡張が続く血流の低下は、疼痛シグナル伝達ニューロンをオンにし、潜在的な片頭痛を誘発します。

神経障害

これらは、痛みの症状を引き起こす脳全体の神経細胞活動に関連する障害です。

エネルギーの中断

あなたの体にはエネルギーが流れています。 それが何らかの方法で中断されると、片頭痛や頭痛を引き起こす可能性があります。

未解決の感情的な問題

あなたの感情を抑えたりすると感情の負の部分はあなたの体に閉じ込められ、頭痛やその他の痛みとして現れます。

片頭痛の原因はビタミン不足?

ビタミンと片頭痛発作との関連については、多くの研究が行われています。
研究結果は、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸をサプリメントとして服用すると、片頭痛の大幅な減少を経験することができることを示しています。

別の研究では、高用量のビタミンB2(リボフラビン)が片頭痛の対策に役立つことが報告されています。

特定の遺伝子機能不全や突然変異は、アミノ酸であるホモシステインのレベルの上昇につながる可能性があります。 ホモシステインレベルを下げるために、ビタミンB6とビタミンB12を摂取することで驚くべき効果を生じるかもしれません。
しかし、必要な量は遺伝子型によって異なります。

片頭痛にはビタミンD

米国頭痛学会で発表された研究によると、慢性的な片頭痛患者の42%近くがビタミンDが不足していました。
さらに、慢性的な片頭痛が長くなればなるほど、ビタミンDが不足する可能性が高くなることが指摘されています。

あなた自身の最適な量のビタミンDを得る方法を知るためには、医師に相談することが最善です。
しかし、あなたのビタミンDの摂取量を高めることから始めるには、以下の3つの方法を試してみてください

ビタミンDの摂取方法

日光浴

20-25分の日光浴は、体を刺激してビタミンDを作り出すのに役立ちます。

脂肪分が多い魚

サーモン、マス、サバ、マグロ、ウナギはビタミンDのたくさん含んでいます。

卵黄

1つの卵黄は約40IU含まれています。(毎日の推奨は2,000 IUです )

他にもビタミンDの含有率が多いものとして、鮟鱇(あんこう)、しらす干し、イクラ、カワハギ、すっぽん、かも、卵黄、ピータンなどがあげられます。
ビタミンDを多く摂り、片頭痛の対策に役立てて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 + 4 =

ABOUTこの記事をかいた人

鈴木たか

医食同源に基づき病気は食で治すということをより多くの方と共有したいと思いブログを書いています。「本物の食や健康とは何なのか?」を探求していきます。このブログを見て、病気の改善や健康法に役立てて頂ければ幸いです。 常識という扉の裏側にあるものは何なのか、そこには非常識という新しい扉が待っています。 その扉を開けない限り、私たちは何も変わりません。 気づきのあるブログを運営できるように努めて参ります。