好きな歌手のライブ、コンサート、フェスは8つの健康促進する効果効能がある!ストレスやうつ病を対策し長寿につながる

スポンサーリンク



好きな歌手のライブ、コンサート、フェスに行くことは寿命が延び、多くの健康効果が期待できることがわかりました。

2018年の調査によると、ライブに2週間に1度行くと平均寿命が9年延びることがわかりました。

また20分ライブに行くだけで、幸福な感情が21%増加する可能性があることがわかりました。

この研究では、犬の散歩やヨガなどが含まれており、犬の散歩では7%、ヨガは10%、幸福な感情が増加しました。

また自己価値観は25%、精神的刺激は75%増加します。

それではライブやコンサート、音楽を聴くことについての効果効能を見ていきましょう。

ライブ、コンサートの効果効能8選

①ストレスの軽減

ライブはストレスホルモンで知られるコルチゾールを減少させる効果があります。

また外傷とPTSD(心的外傷後ストレス障害)の症状に効果的です。

②創造性を高める

PLoS ONEの雑誌に掲載された研究によれば、 好きな音楽やクラシックを聴くと創造性を高めることができます。

③睡眠の質の向上

なかなか夜に寝ることができないと悩んでいる方は、寝る前にクラシック音楽を聴くと睡眠の質の向上に役立ちます

④運動能力の向上

男性が5キロ走っている間に音楽を聞いた場合、より早く走ることができました。

⑤認知機能の向上

学習中、作業中に音楽を聴くことで、集中力があがり生産性が向上します。

⑥手術前後の患者の不安と痛みの軽減

音楽を聞くことで痛みや不安を最小限に抑えることができます。

研究によると音楽を聞くことで手術前後の患者の不安と痛みを減らすことがわかりました。

⑦運転中の怒りの緩和

運転中にイライラした経験がある方は9割以上にのぼります。

運転中に音楽を聴くことは、イライラや怒り感情を抑え、気分を改善させます。

⑧うつ病を和らげる

8歳から16歳までの251名の子供を対象とした研究では、音楽療法を受けることで自尊心が改善され、標準の治療療法よりもうつ症状が減少することが分かりました。

ライブに行けない場合は?

ライブやコンサートに行くことは多くの健康効果がありますが、チケットが取れない、遠方などで行けない人それぞれの事情がありますよね。

ライブやコンサートに行けない理由はそれぞれですが、下記を行うことで代替できます。

いつでも簡単にできますので試してみてください。

・車の中で音楽を聴く
・休憩中に聴く
・料理を作りながら聴く
・ライブミュージックが流れているレストランやバーに行く
・作業中、学習中に聴く
・お風呂の中で聴く

聞きながら歌うと更に健康が促進されます。

音楽聴き放題「dヒッツ」

歌を歌うことでの驚きの13の効果効能は下記を参考にして下さい。

最後に

ライブやコンサートは1年を通して、開催されていますが特に夏は野外フェスなどが行われています。

ライブやフェスはお互い知らない者同士でも一体感や親密感を共有できるのが醍醐味のひとつです。

ステージから流れてくる迫力のあるサウンド、知らない人達のとの一体感は寿命を延ばし幸福感を高めてくれます。

あなたの好きな歌手のライブに行き、幸福感を高める歌のシャワーを浴びるようにしてみてはいかがですか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight + 16 =

ABOUTこの記事をかいた人

鈴木たか

医食同源に基づき病気は食で治すということをより多くの方と共有したいと思いブログを書いています。「本物の食や健康とは何なのか?」を探求していきます。このブログを見て、病気の改善や健康法に役立てて頂ければ幸いです。 常識という扉の裏側にあるものは何なのか、そこには非常識という新しい扉が待っています。 その扉を開けない限り、私たちは何も変わりません。 気づきのあるブログを運営できるように努めて参ります。