TAG 環境問題

手作りで肌や環境に優しい安心安全な日焼け止めを作る方法!気になる効果やSPFは?日焼けを予防する食べ物とは?

市販されている多くの日焼け止めには、多くの危険な化学物質が含まれています。 しかし、日焼け止めを天然の素材で作る事ができたら肌にも経済的にも良く、さらに環境にも優しいです。 手作りで日焼け止めを作るというのはあまり想像で…

日焼け止めの体に悪い有害で危険な7つの成分!癌やアレルギーの原因になるオキシベンゾンなどの化学物質やサンゴへの影響!

ほとんどの専門家は、日焼け止めは太陽から肌を保護することについては認識しています。 しかし安全性についてはほとんど知られていません。 日焼け止めに含まれている成分の多くが化学物質であり、これらは皮膚を通して血流に入り込み…

種子法廃止で日本のお米が消える!その理由、影響、問題点は?モンサントの遺伝子組み換えによる食料支配

2017年4月に種子法廃止という法案がスピード可決されてしまいました。 そして2018年4月より種子法が廃止されます。 この種子法廃止で私たちが普段食べている美味しい日本のお米が食べれなくなるかもしれません。 また種子法…

都会と田舎の生活を比較した健康上のメリット、デメリット!移住ブーム到来と年収は住むところで決まるのか?

クモの巣のように交通網が張り巡らされ、様々な分野の旗艦店がビルの間から顔をのぞかせ、私たちの五感を刺激してくれる都会と、時間がゆっくり流れ空気がキレイで緑溢れる大自然の田舎。 あなたはどちらに住んでいますか?またどちらに…

大気汚染は喘息や認知症など7つの健康被害や悪影響を与える!個人でできる改善対策方法と室内汚染の脅威

人が1日にどれくらいの空気を吸うか知っていますか? それぞれ人によりますがなんと約20㎏と言われています。 キレイな空気は私たちの体の隅々まで酸素を届けてくれます。 しかし、現代に住む私たちの環境の空気は非常に汚れていま…

BPA(ビスフェノールA)は内分泌かく乱物質であり水筒や缶詰などに使われており様々な健康被害を引き起こす!BPAの影響と対策

BPA(ビスフェノールA)という言葉を聞いたことがありますか? BPA(ビスフェノールA)は内分泌かく乱物質(環境ホルモン)で知られています。 BPAはプラスチックの原料として使用されています。 あなたの1日もプラスチッ…

【海洋汚染】東シナ海で起きたタンカー事故は過去数十年の中でも最悪の原油流出量の原油事故

2018年1月6日に奄美大島沖で中国の貨物船とイランの石油タンカーが衝突事故を起こしました。 この東シナ海で発生した事故は、日本では報道されることはなく海外のメディアでは過去数十年の中でも最悪の原油流出と見出しをつけてい…

マイクロプラスチックによる影響で世界の魚の4分の1以上が汚染されている!マイクロビーズ製品を規制する理由

海に捨てられたプラスチックのごみは、海を漂っている間に細かく砕かれ食物連鎖に大きな影響を与えています。 この細かく砕かれたプラスチックのことをマイクロプラスチックと呼びます。 このマイクロプラスチックを魚が食べてしまい、…