勤労感謝の日の不都合な真実とは!食の未来を守るために

スポンサーリンク



11月23日は勤労感謝の日です。しかし、本当の意味を知っている人は多くありません。

今回この記事を取り上げようと思ったのは、食の大切さや日本の文化についてもっと知る必要があるからです。

この記事を読むことで、勤労感謝の本当の意味がわかるようになります。

11月23日は新嘗祭が行われる日

11月23日は勤労感謝の日です。

勤労感謝の日は国民が勤労を尊び、生産を祝い、互いに感謝し合う日とされています。

国民の勤労をねぎらう日と思いがちですが、多くの日本人は本当の意味を理解していません。

昔の日本にとっては、11月23日が何よりも大切な日です。

この日は実は、新嘗祭(にいなめさい)が行われる日になります。

新嘗祭とは、稲の収穫を祝い、翌年の豊穣を祈願する祭儀のことです。

日本人はお祭りを通して、神様の恵みや五穀豊穣に感謝する風習を持っています。

新嘗祭は日本人にとって大切な行事でした。

なぜ新嘗祭が勤労感謝の日になったのか

新嘗祭とは全く関係のない勤労感謝の日が祝日に定められたのでしょうか。

それは、敗戦がきっかけで、GHQが日本という国の根幹を破壊する目的があったからです。

GHQは日本の社会性、民族性、倫理、価値観、愛国心などを徹底的に破壊してきました。

そのひとつが国民の祝日の改変です。勤労感謝の日は新嘗祭と何も関係ありません。

日本に対しての愛国心を破壊することで、あらゆるものを分断させる働きがあります。

もう愛国心という言葉を聞いただけでアレルギーがでる人もいるかもしれません。

とにかく日本人のアイデンティティを徹底的に破壊することを目的としてGHQが送り込まれたという背景があります。

そして、それは今も続いており種子法廃止、種苗法改正、水道民営化法案など食を取り巻く環境が脅威にさらされています。

日本はなぜこんなに生きづらい国になったのか!?貧困や格差の原因は何なのか?

2019年9月21日

「日本が売られる」堤 未果氏 子供を守るため、日本を守るためにすべきこと

2018年10月12日

飽食の時代に命の大切さを知る

昔は新嘗祭が終わるまで新米は食べなかったと言います。

それだけ、新嘗祭は大切なことでした。

飽食の現代では、いつでもどこでも食べ物が手に入り、消費期限が過ぎたものは平気で捨てられます。

あなたが今日食べたものは、あなたのために犠牲になった命です。

いただきますという言葉は、命を頂くという意味を持っています。

そしてあなたが食べたものであなたが創られます。

食べ物の大切さを、この機会に考えてみてほしいなと思っています。

最後に

勤労感謝の日が新嘗祭だということは、学校教育やメディアも一切教えてくれません。

日本はクリスマスやハロウィンなどの外来文化を比較的受け入れやすい文化を持っています。

それはそれで、素晴らしいことですが日本の文化を外国人に説明してと言ったら、どれだけの人が答えられるでしょうか。

11月23日は勤労感謝の日ではなく新嘗祭が行われる日です。

食の大切さ、文化を改めて考えるきっかけになればいいなと思いこの記事を書きました。

食の未来が奪われないためにも、まず知ることからはじめてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



スポンサーリンク







アマゾンから電子書籍を発売中!



大切な人を守るための最低限の知識を!
アマゾンから電子書籍を発売中!

私たちの食を取り巻く環境は、人類史上極めて高度に汚染されています。

遺伝子組み換え食品、食品添加物、農薬、放射能などの脅威に直面しています。

あなたの大切な人を守るために最低限の知識を得て下さい。




食生活・体質改善のアドバイス




食生活・体質改善のアドバイス

不調を改善するのに、一番良いのは食生活を見直すことです。

しかし昨今、食生活を見直すだけでは、あなたの体質や不調は改善しないのをご存知ですか?

現状の食を取り巻く環境を知っていただき実生活の中でどのような選択をしていけばいいのかをアドバイスさせて頂きます。




松果体の石灰化を防ぎ活性化する!食生活・体質改善のアドバイス



松果体の石灰化を防ぎ活性化する!食生活・体質改善のアドバイス

松果体は第3の目と呼ばれており、チャクラの6番目のアージュニャー・チャクラと知られています。

松果体が石灰化してしまうと睡眠、認知能力、判断、知覚が鈍ってしまうだけではなく、心と身体の健康にとっても良くありません。

このアドバイスは、松果体が石灰化する原因、活性化させる方法を含めたあなたの不調や体質を改善するための内容になっています。




カウンセリングメニュー



カウンセリングメニュー
心と身体を読み解くカウンセリング

「病気は人間の自己表現であり、成長のある段階で、その人に何かを経験させようとしている」

この言葉が示す通り、「病気=悪い」のではなく、心や考え方を変えるためのあなたへの隠れたメッセージであり、病気をすることで大切なものを気付かせてくれるきっかけになります。

カウンセリングでは、今抱えている感情や葛藤がどのようなものなのかを知って頂き、自己の成長のきっかけのお手伝いを致します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 + 5 =

ABOUTこの記事をかいた人

鈴木たか

鈴木たかと申します。 健康管理士、NLPプラクティショナーとして活動しています。 その他にもライター、カウンセリング、コンサルをしています。 食という字は【人】を【良く】すると書きます。 医食同源という言葉が示す通り、元来、食べ物には病気を予防する力が備わっています。 食と心(感情)から身体の症状に対してカウンセリングをしています。 このサイトは医食同源を中心に、身体にとって良い食べ物、飲み物をご紹介していきます。