ミルラオイル(没薬)の効果効能8選!使い方と副作用

スポンサーリンク



スモーキーでエキゾチックな香りがするミルラ。

ミルラは日本語で没薬(もつやく)と呼ばれます。

ミルラの歴史は古く、イエス・キリストの誕生の際に東方の三賢人が黄金やフランキンセンスとともに献上したと言われています。

宗教儀式には欠かせないもので、エジプトでは朝にフランキンセンス(乳香)、昼にミルラ(没薬)が焚かれていました。

防腐作用があるためミイラ作りに使われてきました。そのため、ミイラの語源はミルラだという説があります。

ミルラオイルは、心を落ち着かせ、身体の不調にも対応できる精油になります。

それではミルラオイルの8つの効果効能を見ていきましょう。

ミルラオイル(没薬)の効果効能8選!

①リラックス効果

ミルラオイルは、「静寂の精油」という言葉が似合います。

その名が示す通り、不安、緊張、気分の落ち込みを和らげます。

瞑想をするのに向いている精油です。

②抗菌作用

古代エジプトでは、ミイラの保存にミルラを使用していました。

宗教儀式などでフランキンセンスとミルラが焚かれていたのは、空気の浄化作用があるためです。

また伝染病の蔓延を防ぐために礼拝などで焚かれていました。

研究によると、フランキンセンスとミルラを焚くと、空気中の浮遊菌が68%減少することがわかりました。

③歯周病の予防

ミルラは抗炎症作用と抗菌作用を有しているため、歯周病、歯肉炎、口内炎などの炎症を和らげます。

そのためミルラは、歯磨き粉やうがい薬などの成分に使用されることがあります。

④風邪や咳の緩和

ミルラオイルは風邪、咳、のどの痛みを緩和します。

症状を和らげ、去痰作用を持ちます。

⑤消化器系の問題を緩和

ミルラオイルは、胃の不調、消化不良、下痢などの問題を和らげることができます。

⑥肌の健康

ミルラは皮膚の細胞を活性化させる作用があるため、創傷を治し、炎症を静める作用があります。

あかぎれ、ひびわれ、ストレッチマークなどにも役立ちます。

⑦痛みの緩和

ミルラオイルには、脳が一時的に痛みを和らげる成分が含まれているため、頭痛や関節炎などの痛みの緩和につながります。

しかし、これらの痛みの緩和については、まだ多くの研究が必要な段階です。

⑧抗酸化作用

ミルラオイルには酸化ストレスを防ぐ強力な抗酸化作用がある可能性があります。

動物実験では、ミルラの強力な抗酸化作用のおかげで、肝臓を保護するのに役立ちました。

しかし、こちらも同様に、人に対しての研究はまだまだ必要です。

スポンサーリンク

ミルラオイルの使い方

ディフューザーを使用し部屋に拡散させてください。

ティシュや布に数滴垂らし吸入することもできます。

またお風呂に数滴垂らして使用してください。

キャリアオイルで希釈し、肌に塗ることができます。

ミルラの高い抗酸化作用により、アンチエイジング、肌の健康が保たれます。

目や耳などの敏感な場所は避けて使用してください。

ミルラオイルはエキゾチック系の香りやフローラル系の香りと相性が良いです。

そのため、フランキンセンス、レモン、ラベンダー、イランイラン、ゼラニウム、サンダルウッドなどの精油と相性が良いです。

特にフランキンセンスオイルとの相性は抜群です。

フランキンセンスオイルについては下記を参考にしてください。

ミルラオイルの副作用

・皮膚刺激が起きる場合がありますので、パッチテストをしてから試してください。

・肌に使用する時は、キャリアオイルで希釈してから使用してください。

・子供や妊娠中、生理中の場合は使用しないでください。

・ミルラオイルは、血を薄くする効果があるため、血液凝固の薬を使用している方は避けて下さい。

・ミルラオイルは、血糖値を下げる可能性があるため、糖尿病の方は使用をお勧めしていません。

・ミルラオイルは、心拍数に影響を与える可能性があるため、心臓に問題がある方は控えて下さい。

・糖尿病、心臓病、その他の病気を抱えている方は、必ず医師の相談のもと判断してください。

最後に

ミルラは聖書にも登場する重要なものでした。

ミルラオイルは今日でも様々な病気に使われ、心をリセットするために多くの方が使用している精油のひとつです。

瞑想に最適な精油のため、心を統一したいときはミルラオイルを試してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



スポンサーリンク







アマゾンから電子書籍を発売中!



大切な人を守るための最低限の知識を!
アマゾンから電子書籍を発売中!

私たちの食を取り巻く環境は、人類史上極めて高度に汚染されています。

遺伝子組み換え食品、食品添加物、農薬、放射能などの脅威に直面しています。

あなたの大切な人を守るために最低限の知識を得て下さい。




カウンセリングメニュー



カウンセリングメニュー
心と身体を読み解くカウンセリング

「病気は人間の自己表現であり、成長のある段階で、その人に何かを経験させようとしている」

この言葉が示す通り、「病気=悪い」のではなく、あなたへのメッセージであり、病気をすることで大切なものを気付かせてくれるきっかけになります。

カウンセリングでは、今抱えている感情や葛藤がどのようなものなのかを知って頂き、自己の成長のきっかけのお手伝いを致します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − 8 =

ABOUTこの記事をかいた人

鈴木たか

鈴木たかと申します。 健康管理士、NLPプラクティショナーとして活動しています。 その他にもライター、カウンセリング、コンサルをしています。 食という字は【人】を【良く】すると書きます。 医食同源という言葉が示す通り、元来、食べ物には病気を予防する力が備わっています。 食と心(感情)から身体の症状に対してカウンセリングをしています。 このサイトは医食同源を中心に、身体にとって良い食べ物、飲み物をご紹介していきます。