アルツハイマーの原因と予防対策する食べ物。そして心臓病との関係

スポンサーリンク



研究者は、ハンバガーや、フライドポテト、ステーキ、フライドチキンなどの西洋食はアルツハイマーや認知症を招くという研究結果には驚きませんでした。

野菜中心などの食事は、リスクを減らしますが、ジャンクフード、肉、精製された砂糖のような高カロリーな食事はアルツハイマー病のリスクを増加することを示しています。

アメリカ合衆国は、アルツハイマー病は推定 500万人、2050年には1400万人とも予想されています。

日本の認知症人口と2025年の予測

日本の認知症患者数は2012年時点で約462万人いると言われています。65歳以上の高齢者の約7人に1人と推計されています。

2017年3月26日にNHKスペシャル「私たちのこれから認知症社会~誰もが安心して暮らすために」という番組が放送されました。

2025年に軽度認知障害の人は580万人を超える見込みがあることがわかりました。認知症高齢者の数と合計すると、総数は1300万人に達すると言います。
国民の9人に1人、65歳以上に限れば、実に3人に1人が認知症あるいはその予備群の人になるという「認知症1300万人時代」が来る可能性が浮かび上がってきました。

この番組では、認知症に対する警笛を鳴らしました。

アルツハイマーと心臓病の関係

アルツハイマーの危険因子は、喫煙や運動不足で、これは心臓病にも共通しています。
アルツハイマーと心臓病は非常に密接していて、一部の医者の間では双子の病気と呼んでいます。
また、加工食品は、栄養がほとんどありませんので、加工食品を食べれば食べるほど栄養失調になってしまいます。

研究者のウィリアム ・ B ・ グラントによると、伝統的な日本食は、穀物や魚は認知症のリスクを下げる食事です。

1980年代以来、日本国民は、赤身の肉、加工食品、砂糖、飽和脂肪の食事を取り入れてます。
1985年以降、日本のアルツハイマー病は増えていて、患者数は1995年126万人、
2000年156万人、2005年189万人、2010年226万人、2015年250万人と年々増え続けています。

あなたは認知症を食い止める為に何をしますか?

食事と運動は、健康を保ちます。

日本で良く食べられている、冷水魚は質の高いオメガ3脂肪酸とビタミンDが含まれていて、アルツハイマー病リスクを軽減します。

日本の伝統的な食事は、米、味噌汁、漬物です。

ジャンクフードを避け、新鮮な野菜、果物、野菜、ナッツ、オリーブオイル、魚などを食べましょう。

また、適度な運動も生活の中に取り入れてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven + four =

ABOUTこの記事をかいた人

鈴木たか

医食同源に基づき病気は食で治すということをより多くの方と共有したいと思いブログを書いています。「本物の食や健康とは何なのか?」を探求していきます。このブログを見て、病気の改善や健康法に役立てて頂ければ幸いです。 常識という扉の裏側にあるものは何なのか、そこには非常識という新しい扉が待っています。 その扉を開けない限り、私たちは何も変わりません。 気づきのあるブログを運営できるように努めて参ります。