アルツハイマーの原因と予防対策する食べ物。そして心臓病との関係

スポンサーリンク



研究者は、ハンバガーや、フライドポテト、ステーキ、フライドチキンなどの西洋食はアルツハイマーや認知症を招くという研究結果には驚きませんでした。

野菜中心などの食事は、リスクを減らしますが、ジャンクフード、肉、精製された砂糖のような高カロリーな食事はアルツハイマー病のリスクを増加することを示しています。

アメリカ合衆国は、アルツハイマー病は推定 500万人、2050年には1400万人とも予想されています。

日本の認知症人口と2025年の予測

日本の認知症患者数は2012年時点で約462万人いると言われています。65歳以上の高齢者の約7人に1人と推計されています。

2017年3月26日にNHKスペシャル「私たちのこれから認知症社会~誰もが安心して暮らすために」という番組が放送されました。

2025年に軽度認知障害の人は580万人を超える見込みがあることがわかりました。認知症高齢者の数と合計すると、総数は1300万人に達すると言います。
国民の9人に1人、65歳以上に限れば、実に3人に1人が認知症あるいはその予備群の人になるという「認知症1300万人時代」が来る可能性が浮かび上がってきました。

この番組では、認知症に対する警笛を鳴らしました。

アルツハイマーと心臓病の関係

アルツハイマーの危険因子は、喫煙や運動不足で、これは心臓病にも共通しています。
アルツハイマーと心臓病は非常に密接していて、一部の医者の間では双子の病気と呼んでいます。
また、加工食品は、栄養がほとんどありませんので、加工食品を食べれば食べるほど栄養失調になってしまいます。

研究者のウィリアム ・ B ・ グラントによると、伝統的な日本食は、穀物や魚は認知症のリスクを下げる食事です。

1980年代以来、日本国民は、赤身の肉、加工食品、砂糖、飽和脂肪の食事を取り入れてます。
1985年以降、日本のアルツハイマー病は増えていて、患者数は1995年126万人、
2000年156万人、2005年189万人、2010年226万人、2015年250万人と年々増え続けています。

あなたは認知症を食い止める為に何をしますか?

食事と運動は、健康を保ちます。

日本で良く食べられている、冷水魚は質の高いオメガ3脂肪酸とビタミンDが含まれていて、アルツハイマー病リスクを軽減します。

日本の伝統的な食事は、米、味噌汁、漬物です。

ジャンクフードを避け、新鮮な野菜、果物、野菜、ナッツ、オリーブオイル、魚などを食べましょう。

また、適度な運動も生活の中に取り入れてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



スポンサーリンク







アマゾンから電子書籍を出版しました



大切な人を守るための最低限の知識を!
アマゾンから電子書籍を出版しました

私たちの食を取り巻く環境は、人類史上極めて高度に汚染されています。

遺伝子組み換え食品、食品添加物、農薬、放射能などの脅威に直面しています。

あなたの大切な人を守るために最低限の知識を得て下さい。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − 3 =

ABOUTこの記事をかいた人

鈴木たか

鈴木たかと申します。 健康管理士、NLPプラクティショナーとして活動しています。 その他にもライター、カウンセリング、コンサルをしています。 食という字は【人】を【良く】すると書きます。 医食同源という言葉が示す通り、元来、食べ物には病気を予防する力が備わっています。 食と心(感情)から身体の症状に対してカウンセリングをしています。 このサイトは医食同源を中心に、身体にとって良い食べ物、飲み物をご紹介していきます。