アルツハイマーの原因と予防対策する食べ物。そして心臓病との関係

スポンサーリンク



研究者は、ハンバガーや、フライドポテト、ステーキ、フライドチキンなどの西洋食はアルツハイマーや認知症を招くという研究結果には驚きませんでした。

野菜中心などの食事は、リスクを減らしますが、ジャンクフード、肉、精製された砂糖のような高カロリーな食事はアルツハイマー病のリスクを増加することを示しています。

アメリカ合衆国は、アルツハイマー病は推定 500万人、2050年には1400万人とも予想されています。

日本の認知症人口と2025年の予測

日本の認知症患者数は2012年時点で約462万人いると言われています。65歳以上の高齢者の約7人に1人と推計されています。

2017年3月26日にNHKスペシャル「私たちのこれから認知症社会~誰もが安心して暮らすために」という番組が放送されました。

2025年に軽度認知障害の人は580万人を超える見込みがあることがわかりました。認知症高齢者の数と合計すると、総数は1300万人に達すると言います。

国民の9人に1人、65歳以上に限れば、実に3人に1人が認知症あるいはその予備群の人になるという「認知症1300万人時代」が来る可能性が浮かび上がってきました。

この番組では、認知症に対する警笛を鳴らしました。

アルツハイマーと心臓病の関係

アルツハイマーの危険因子は、喫煙や運動不足で、これは心臓病にも共通しています。

アルツハイマーと心臓病は非常に密接していて、一部の医者の間では双子の病気と呼んでいます。

また、加工食品は、栄養がほとんどありませんので、加工食品を食べれば食べるほど栄養失調になってしまいます。

研究者のウィリアム ・ B ・ グラントによると、伝統的な日本食は、穀物や魚は認知症のリスクを下げる食事です。

1980年代以来、日本国民は、赤身の肉、加工食品、砂糖、飽和脂肪の食事を取り入れてます。

1985年以降、日本のアルツハイマー病は増えていて、患者数は1995年126万人、2000年156万人、2005年189万人、2010年226万人、2015年250万人と年々増え続けています。

あなたは認知症を食い止める為に何をしますか?

食事と運動は、健康を保ちます。

日本で良く食べられている、冷水魚は質の高いオメガ3脂肪酸とビタミンDが含まれていて、アルツハイマー病リスクを軽減します。

日本の伝統的な食事は、米、味噌汁、漬物です。

ジャンクフードを避け、新鮮な野菜、果物、野菜、ナッツ、オリーブオイル、魚などを食べましょう。

また、適度な運動も生活の中に取り入れてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



スポンサーリンク







食と身体を考える無料7日間メールセミナー



メルマガ限定5大特典を無料プレゼント

食や健康だけではない、この世の中の仕組みがわかるメルマガです。

今ならメルマガ限定5大特典を受け取って頂けます。




ライン限定5大特典を無料プレゼント



ライン限定5大特典を無料プレゼント

LINEではあなたと直接対話し色々と理解を深めたいと考えています。

今ならライン限定5大特典を受け取って頂けます。




アマゾンから電子書籍を発売中!



大切な人を守るための最低限の知識を!
アマゾンから電子書籍を発売中!

私たちの食を取り巻く環境は、人類史上極めて高度に汚染されています。

遺伝子組み換え食品、食品添加物、農薬、放射能などの脅威に直面しています。

あなたの大切な人を守るために最低限の知識を得て下さい。




新しいあなたに出会うためのセッション



新しいあなたに出会うためのセッション

本当の自分を知るために、あなたに寄り添いあなたのお話しを聞きます。

☑こんな方におすすめ

・現状から一歩踏み出したい方
・自分らしく生きたい方
・今の悩みを解決したい方
・これから何をしていいかわからない方
・本当の自分に出会いたい方




松果体の石灰化を防ぎ活性化する!食生活・体質改善のアドバイス



松果体の石灰化を防ぎ活性化する!食生活・体質改善のアドバイス

松果体は第3の目と呼ばれており、チャクラの6番目のアージュニャー・チャクラと知られています。

松果体が石灰化してしまうと睡眠、認知能力、判断、知覚が鈍ってしまうだけではなく、心と身体の健康にとっても良くありません。

このアドバイスは、松果体が石灰化する原因、活性化させる方法を含めたあなたの不調や体質を改善するための内容になっています。




カウンセリングメニュー



カウンセリングメニュー
心と身体を読み解くカウンセリング

「病気は人間の自己表現であり、成長のある段階で、その人に何かを経験させようとしている」

この言葉が示す通り、「病気=悪い」のではなく、心や考え方を変えるためのあなたへの隠れたメッセージであり、病気をすることで大切なものを気付かせてくれるきっかけになります。

カウンセリングでは、今抱えている感情や葛藤がどのようなものなのかを知って頂き、自己の成長のきっかけのお手伝いを致します。




食生活・体質改善のアドバイス



食生活・体質改善のアドバイス

不調を改善するのに、一番良いのは食生活を見直すことです。

しかし昨今、食生活を見直すだけでは、あなたの体質や不調は改善しないのをご存知ですか?

現状の食を取り巻く環境を知っていただき実生活の中でどのような選択をしていけばいいのかをアドバイスさせて頂きます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × one =

ABOUTこの記事をかいた人

鈴木たかと申します。 健康管理士、NLPプラクティショナーとして活動しています。 その他にもライター、カウンセリング、コンサルをしています。 食という字は【人】を【良く】すると書きます。 医食同源という言葉が示す通り、元来、食べ物には病気を予防する力が備わっています。 食と心(感情)から身体の症状に対してカウンセリングをしています。 このサイトは医食同源を中心に、身体にとって良い食べ物、飲み物をご紹介していきます。