猫を飼うことは健康と幸福に大きく影響する17の理由と効果がある!

スポンサーリンク



猫は気まぐれで、自由奔放でマイペースな生き物です。
急に甘えてきたり、いつの間にかいなくなったりと何食わぬ顔で私たちを振り回します。

ねこじゃらしに飛びかかる姿は、ハンターとしての目つきに変わります。
逆に寝ている時は、幸せに満ち溢れたかわいい天使のような姿に変わります。

猫が好きな方は、このような様々なギャップに、心を撃ち抜かれていること間違いないですよね。

そんな気まぐれでマイペースな猫は、犬よりも人気のあるペットになりました。猫は少しの間ほっといても問題はありませんので犬より注意を払う必要がありません。

猫を飼うことで、あなたの心も体も健康的な利益をもたらすとしたらどうですか?

テレビやインターネット上の猫を見ているだけで、あなたのエネルギーは高まり、良い感情を作ることが研究で示されています

猫を飼うことはあなたの人生に大きな喜びと健康をもたらしてくれます。

それでは猫を飼うことで起きる17の驚くべき効果を見ていきましょう

猫を飼うことで起きる17のメリット

①心血管疾患のリスクを下げる

ミネソタ大学の研究では、猫を飼っていない人は飼っている人に比べて心血管疾患で死亡する可能性が40%高かった。

②心臓発作や脳卒中リスクを軽減

猫を飼うことは心臓発作や脳卒中リスクを軽減することに役立ちます。
ひとつの研究では、猫の飼い主は心臓発作や脳卒中で死亡する可能性が30%低いことがわかりました。

③免疫を強化する

猫と一緒に過ごす時間は、幸福感と良い感情で満たされます。この感情が私たちの免疫を高めます。

④アレルギーや喘息を起こす可能性が低い

猫を飼うことでアレルギーの発症を減らすのに役立ちます。

特に赤ちゃんや幼児の時から一緒に過ごしていると猫やペットの毛やフケに触れるため、アレルゲン耐性が増し、アレルギーや喘息のリスクが低下します。

⑤血圧を下げる

猫を飼っていると血圧を下げる効果があります。ひとつの研究では、血圧が上がるような状況でも、猫と会話するときは血圧が一定のままだという研究があります。

⑥コレステロール値を下げる

多くの研究では、猫は一般的な薬よりも効果があることが証明されています。

⑦睡眠を助ける

いくつかの研究では、猫が睡眠を良くするのに役立つことが報告されています。
アリゾナ州で行われた研究では150人の参加者のうち41%が猫と一緒に寝ることで快眠できたと答えました。

一緒に寝ることで、安心感、満足感、リラックスを感じたと参加者は答えました。

⑧ストレスを緩和する

猫と一緒に過ごす時間は、嫌のことを忘れさせる大切な時間です。
実際に、猫と一緒にいることで、体内のストレス物質を抑えることができます。

スポンサーリンク

⑨不安の軽減

ストレスと不安は密接に関係しています。 猫を飼うことはストレス緩和と同様に不安を軽減することができます。
猫をなでたり、遊んだりすることは、身心ともに落ち着きます。

⑩別れの悲しみを癒す

もしあなたの大事な人を失ってしまったら立ちなおれませんよね。このつらい感情から対処する最善の方法はペットを飼う事です。

猫に自分の気持ちを話すだけでも、このつらい感情から乗り越えられます。

⑪女性からモテる?

イギリスの世論調査によると女性の82%が動物好きの男性に好感を持てると言っています。
独身の女性の90%が、猫を飼っている男性の方が、飼っていない男性より魅力的だと判明しました。

あなたのプロフィール欄に猫を飼っていると書けば、好感度が良くなるかもしれません。

⑫頭がよい?

ブリストル大学がペットを飼っている人を対象とした2010年の調査では、猫の飼い主の方が、犬の飼い主よりも大学に入学する可能性が高かった。

また、2014年のウィスコンシンの研究者は、600名の大学を調査しました。その結果、猫の飼い主の方が知的であることを発見しました。

ブリストルの調査によると賢い人は長時間働く傾向があり、猫は犬に比べて注意を払う必要がないためだと語っています。

⑬孤独感を埋めてくれる

猫を飼う理由のひとつに、猫と話すためというのが挙げられます。
あなたが一人暮らしであれば、猫は孤独な気持ち埋めてくれます。

⑭アルツハイマー、認知症患者の手助けをする

猫を飼う、または施設に猫を飼うことは、アルツハイマーや認知症に対して有益です。
猫は幸福感を促進し、患者の不安な気持ちを和らげるのに役立ちます。

⑮うつ病の改善

世界保健機関(WHO)によると世界でうつ病に苦しむ人が2015年に推計3億2200万人と発表しました。
うつ病は、中低所得や発展途上国では主要な病気のひとつになっています。

猫には気分や不安を取り除く力を兼ね備えていますので、うつ病の改善に役立ちます。

⑯自閉症の手助け

自閉症は、社会的な生活が困難になります。 自閉症患者が猫と交流することによって大きく改善したケースもあります。

2012年のフランスの研究では、自閉症と診断された5歳以上の子供に対して猫を飼うことが有益だとわかりました。

⑰ゴロゴロの鳴き声の周波数

猫のゴロゴロという鳴き声からは25Hzから150Hzの周波数が出ています。
研究ではこのゴロゴロが医学的に治療できている事が示されました。

最後に

猫を飼うことで、心身ともにこれだけの恩恵を受けることができます。
かわいい猫と一緒にいるだけで、幸せな気持ちにさせてくれます。

ぜひ猫の持っているすごいパワーを感じてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − 10 =