アロエベラジュースの効果効能7選!便秘に良いの?副作用は?

スポンサーリンク



アロエベラは何世紀にも渡り、自然医療として使用されてきました。

そして栄養素の塊であるアロエを絞ったものがアロエベラジュースです。

アロエベラジュースは、多くの健康食品店や自然食品店で人気のある定番のアイテムです。

それでは、アロエベラジュースの7つの利点を見ていきましょう。

アロエベラジュースの効果効能7選!

①豊富な栄養素

アロエベラジュースには、豊富な栄養素が含まれています。

ビタミンやミネラル以外にも75の栄養素が含まれており、あなたの足りない栄養素を補います。

特にビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、葉酸などの重要な栄養が含まれているため、体内の抗酸化につながります。

②便秘の緩和

アロエベラジュースは便秘の緩和に役立つかもしれません。

アロエベラジュースを飲むことで、腸内の水分が保たれ消化を促進するため排便につながります。

またアロエに含まれるアントラキノン化合物が下剤として作用します。

研究ではアロエベラは下剤効果があるとしていますが、米国食品医薬品局(FDA)は、安全性について承認している訳ではないので、長期的に下剤として使用する場合は医師に相談するようにしてください。

③消化を手助けする

アロエベラは消化を促進することができ、過敏性腸症候群(IBS)や腸の炎症を和らげるのに役立ちます。

まだまだ多くの研究が必要ではありますが、Journal of Research in Medical Sciencesで報告された研究では、1日2回30mlのアロエベラジュースが、過敏性腸症候群(IBS)患者33人の不快感を和らげることができました。

④解毒の促進

水分を多く摂ることは、体内の毒素を排出することにつながります。

解毒もスムーズになり、肝臓の負担が軽減されます。

アロエベラジュースは水分が多く含まれており、体内の水分を保ち、解毒の促進に役立ちます。

スポンサーリンク

⑤肌の健康

アロエベラジュースは、豊富なビタミンが含まれており、その強力な抗酸化作用のため肌の健康に役立ちます。

ニキビ、日焼け、乾癬、ヘルペス、紫外線のダメージ、皮膚の炎症など肌の問題を解決することができます。

⑥口腔の状態を良くする

アロエベラは、抗ウィルス作用があるため、歯周病や歯茎の炎症を抑えるのに役立ちます。

⑦胸やけを軽減する

アロエベラジュースは胃酸の分泌を抑えるため、胸やけを軽減することに役立ちます。

スポンサーリンク

アロエベラジュースの副作用

アロエベラジュースは適量(約240ml)であれば、特に問題ありません。

飲みすぎた場合に、下痢になる可能性があります。

お腹が緩くなるようであれば、飲む量を上手に調整してください。

アロエは血糖値を下げる可能性があるという研究がいくつかあるため、糖尿病の方は控えた方が良いかもしれません。

利尿薬、糖尿病薬、ワルファリンなどの抗凝固剤を服用している場合も控えて下さい。

最後に

アロエベラジュースの利点を見てきました。

ジュースの元になるアロエベラの効果効能については下記にまとめていますので合わせてお読み下さい。

ジュースは、手軽に飲むことができるのが最大の利点になります。

アロエベラジュースを飲むことは、通常の水分補給の感覚で、多くの栄養素を一気に取り入れることができます。

市販されている人工甘味料たっぷりのジュースをやめて、一度アロエベラジュースを試してみるといいかもしれません。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



スポンサーリンク







アマゾンから電子書籍を発売中!



大切な人を守るための最低限の知識を!
アマゾンから電子書籍を発売中!

私たちの食を取り巻く環境は、人類史上極めて高度に汚染されています。

遺伝子組み換え食品、食品添加物、農薬、放射能などの脅威に直面しています。

あなたの大切な人を守るために最低限の知識を得て下さい。




カウンセリングメニュー



カウンセリングメニュー
心と身体を読み解くカウンセリング

「病気は人間の自己表現であり、成長のある段階で、その人に何かを経験させようとしている」

この言葉が示す通り、「病気=悪い」のではなく、あなたへのメッセージであり、病気をすることで大切なものを気付かせてくれるきっかけになります。

カウンセリングでは、今抱えている感情や葛藤がどのようなものなのかを知って頂き、自己の成長のきっかけのお手伝いを致します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − six =

ABOUTこの記事をかいた人

鈴木たか

鈴木たかと申します。 健康管理士、NLPプラクティショナーとして活動しています。 その他にもライター、カウンセリング、コンサルをしています。 食という字は【人】を【良く】すると書きます。 医食同源という言葉が示す通り、元来、食べ物には病気を予防する力が備わっています。 食と心(感情)から身体の症状に対してカウンセリングをしています。 このサイトは医食同源を中心に、身体にとって良い食べ物、飲み物をご紹介していきます。